母は町内の医院でワクチン接種

予約は10数人の町内の医院で

まずは母(89)のワクチン接種から

始まった我が家のワクチン接種はまずは母(89)から、町内の医院の主治医に予約となり昨日接種の付き添いに行ってきました。
無駄がないよう朝に確実に接種できるかの確認電話のあと、予約時間に訪れると昨日は10数人のお年寄りが順に接種となりました。
医院は午後の診療を遅らせ、まずはワクチン接種専門となり順次接種、接種後の休憩(15分ほど)を行い、無事母の第一回目の接種が完了、2回目は3週後の予約時間となりました。

聞けばワクチン注射は痛いほどでもなくすぐ終わり、今のところなんの副反応も出ていないようです。
まずはお年寄りから始まった接種で家にいる私も安心、外から帰ると念入りの消毒や手洗い、うがいを続けていきましょう。
それにじてもさて60代の順はいつか、現在主治医は大病院である2病院、さすがに数も多いだろう同世代はまだまだ元気、大会場でも対応できそうです。
コロナ発症もやや減りはじめている今、まずは安心が欲しいもの、家族単位で着実確実にすすめられたらと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。