一緒に治すリハビリルームの仲間たち

再開できたリハビリ、広いリハビリルームで行います

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・肺がんの手術を経験しその後術後抗がん剤治療を受けて2021年5月末、一連の治療を終えることができました。

ここでさまざまな心配をかけた皆さま、お世話になった医療従事者のみなさまそれぞれへのお礼と感謝綴ってまいります。整形外科の主治医にお願いして再開した病棟内リハビリ、ここには2か月の思い出があります。

患者の一日を彩る積極リハビリの毎日

昨年2020年の3月下旬まで入院していた浜松都心の高層型病院にはリハビリルームがあり、さまざまな患者が入院期間中にそれぞれの機能回復を図っていました。
私は腰部脊椎管狭窄症手術、合併症などによる脚の回復のため、一日に二回、この広い部屋で理学療法士(脚)、作業療法士(手指など)の指導を受けて運動を行っていました。
入院患者は治療のほかは案外時間があり一日を長く思うものですが、リハビリがあることで一日のメリハリができます。病室まで送り迎えしてくれる療法士さんを信頼して体のさまざまな機能回復を図るのです。
積極的に努力して回復する喜びは治療とはまた違った励みになるものです。

若い療法士さんと共に

リハビリを担当する療法士さんは言語・理学・作業などの専門のほか、この病院にはリハビリ専用階の病棟もあり、訪問でリハビリを担当する療法士さんなどさまざまな活動をしています。
その数なんと60名以上が医師と連携して患者の回復を図っています。
そしてリハビリルームに通えば同じような回復レベルの患者の存在を知り励ましあう仲間もできます。
マンツーマンでついてくれる療法士さんはみなさん明るく、おしゃべりしながらがんばることができます。
私もベッドから降りられない状態から2か月で杖歩行まで戻していただけました。

外来でも通えるリハビリ

それでも病院専用のリハビリルームですのでここだけに通うことはできず担当医からの指示でリハビリは行われます。現在手指の手術をしていただいた整形外科の主治医からの指示あってここに通えることとなりました。
患者は病衣を着ていますから平服の外来とは区別がつきます。

2か月を共にし昨年春までの様子を知っていただいているリハビリの療法士さんたちに再び体を診ていただき自主リハビリの指針をつけていただこうと思います。
担当ではありませんでしたが数多くのリハビリスタッフとも顔なじみ、たくさんの挨拶もいただけました。
自主リハビリへの積極策として活用させていただきます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。