足のリハビリ 足首が安定してきた

歩く安定は足首から

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・手術で病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

現在は肺の手術後のケアとして術後抗がん剤を受け、残る萎えてしまった脚の自主リハビリ、整形外科にかかりながらの手指の鷲手と痺れを克服するように運動しています。
今朝は右脚の回復のお話です。

足首と足裏が問題だった右脚

現在軽い運動を兼ねた買い物や外出には杖をつかずに徒歩での距離を伸ばし、家庭では洗濯などの家事を担当してしゃがんだりスクワットになるような運動を続けています。
布団のあげおろしや掃除なども足腰の強さを高めてきています。その中で足つきがよくなってきました。

歩くには足首の安定

今まで長く右足首が安定せず、またそのことからか足の裏がやわらかいことから家の中ではスリッパや内履きをやめて足つきを良くし、右足をあげては降ろす運動をしています。じつは転んでしまいそうになるのは歩く時に右足首が安定せず脚先がグラグラとしてしまうからです。
まっすぐに出た左足に対し右足をつけるときに足先が左右に揺れてしまう。そこでつっかかったりしたのです。
それが次第に安定してきて、後ろから見ても安定していると言われるようになりました。
安定した歩行のはじまりです。

歩ければ距離そして腰の筋力づくり

現在取り組んでいるのが積極的な歩きと距離を伸ばすこと、数カ月前はマーケットなどに出かけても全体の半周
くらいで疲れてしまっていたのもが昨日は楽に一周することができた。
必要なものだけでなく商品棚で選んだり迷ったりする余裕もできてきています。
それでも長い立姿勢は腰に負担がくる。これからは腰の筋力をつければよさそうです。
右手指はギターなど音楽リハビリで少しづつ治す、そして歩きは毎日の少しづつの鍛錬で取り戻していきます。
さあ今日も歩いていきましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。