右手指の筋肉を取り戻すリハビリ

右手指は鷲手、親指と人差し指の間の筋肉が痩せてしまいました

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院とリハビリ、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院・手術で病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

現在は萎えてしまった脚の自主リハビリ、整形外科にかかりながらの手指の鷲手と痺れを克服するように運動しています。今朝はリハビリ中の手指、失った右手指の筋肉を戻そうとさまざまな運動をしています。

脚と共に手指の筋力を失った

昨年の一連の入院・手術の間に萎えた脚と手指、60代となると失った筋力を取り戻すのには何年もかかると言われています。杖を突いたりウォーキングポールなどに頼りながらで歩いていると当たり前に歩く人がうらやましく思えます。そしてなぜか右手指の筋力を失い写真のように手が痩せてしまっています。
脚は座っていればよいものの手指は全ての生活で使うところ、使いながら筋力を取り戻す工夫をしています。

左手は健常、指の間もふっくらとしています

右手は使いながら治す

仕事柄多用するパソコンのキーを押すのは問題なくとも右手の筋力がなければさまざまな障がいがあります。
箸を使うことができますが魚の身をほぐすなどの箸づかいが難しい、ある程度重いものは掴むことはできますが軽いものは取り落とすことがある。例えばサイフのコインをつまみあげにくかったりします。
それでもできること、できにくことは全てリハビリとなる。努力ポイントにしています。

家事リハビリと音楽リハビリ

家にいる間に家事を担当するのも手指と脚のリハビリになります。楽しいのが洗濯物干し、洗濯機は自動で動きますからその後洗濯物を干すことが楽しい、新しい物干し掛けを買いその洗濯バサミを右手指で開いては干しものをする。これも運動です。運んだり干し物は足腰の運動にもなるのです。
そして現在は音楽リハビリとしてギターを弾いている。
これは右手指を使うから夢中で弾くうちに手指がジーンと痺れるほど疲れる。きっとよい運動になっています。

整形外科の先生がいうように失った期間の数倍かかることがあるという筋力の復活、少しづつ楽しみながら戻していこうと思います。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。