リハビリの先生に会いたい

昨年3月まで理学療法士・作業療法士さんと一緒にがんばった

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

現在は萎えてしまった脚の自主リハビリ、整形外科にかかりながらの手指の鷲手と痺れを克服するように運動しています。今朝は今の自主リハビリの脚と手指についてもう一度理学療法士・作業療法士さんに会いたいというお話です。

病室まで迎え送りのリハビリで

昨年3月下旬まで入院した病院では腰部脊椎管狭窄症の手術と合併症による影響から術後も3ヵ月半もの長期入院・リハビリとなり萎えてしまった脚を中心に杖を突いて歩けるまでにしていただいた。
担当してくれたのは30代の男性理学療法士さんと入所1年目という若き作業療法士さんでした。
病室まで迎えに来ていただき一緒に広いリハビリルームに行き、まずは平行棒で立つところからはじめ少しづつ脚の機能を戻していただきました。

今の状況を見せてアドバイスいただきたい

現在起きている問題は脚がまだ筋肉がつききらず歩きづらいこと、足つきが悪いこと、くるぶしから下が動きにくいことなど、これは理学療法士さんに関すること、そして手指が鷲手になり指がしびれていることにより、ある程度重いものは持ててもコインなど軽く小さなものは掴みにくく取り落としてしまいます。
これは作業療法士さんに関することです。
既に担当医による腰・肘などの手術は終えていることから自主リハビリの毎日、それでもこれからを考えれば療法士さんの専門アドバイスをいただきたいのです。

もう病気でも怪我でもない

既に手術は終えているから後は自主リハビリで筋肉をつけ各所の運動をして機能を戻すだけ、ただし60歳を越えると筋肉は戻りにくく機能も戻りにくいと担当医にはいわれています。
ならばリハビリ面からのアドバイスをいただきたいと思います。
リハビリは医師の指示の下に行われるもの、次回の外来で担当医にリハビリでの専門アドバイスが可能かを聞いてみようと思います。
そして歩けるようにしてくれた二人に再開したいと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。