一人作業療法士 ボールで治す指!

右手指の鷲手、小指はこんなに曲がってしまいます

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は家でひとり取り組む作業療法士さんの真似事、指のボール運動です。

右手指の鷲手・痺れを克服するぞ!

肺がん手術後の抗がん剤投与も順調、ならば残りは萎えた脚の筋力アップと手指のリハビリです。
写真のように普通に右手を開こうとすれば小指はこんなに曲がってしまっている。これを鷲手(わして)というそうです。既に肘手術を終えていますがあとは自分でがんばってのリハビリです。

100均でボールを買ってきた

イボイボボールで刺激しながら掴む練習

整形外科入院時は主に脚の筋力アップのリハビリを理学療法士の先生について習いましたが、もうひとり生活する上での障がいを克服するを教える作業療法士の先生がついていただきました。
リハビリ室に行けば椅子に座ってコインに見立てた小さなものを取り分けたり積んだりする運動などで生活生がいを克服する。あんな運動するんだと思っていましたら自分にもこんなことが起こるのです。
それで作業療法士の先生ならばと考えてトゲトゲ100均ボールを掴む練習をしています。
指先に少しチクチクと刺激があるからよさそうですよ。

もうひとつは小さなテニスボール

テニスボールをギュッと掴んでみる

もうひとつの手指リハビリ道具がこの小さなテニスボール、起毛しているソフトタッチがお気に入りですが空気が入っているゴム製、握る力が必要です。
右手に掴んでギュッギュッとしてみれば小指も少し力がつくように思えます。
どこに出かけるにもポケットに入れて合間時間に手指運動です。
みなさんよい方法があれば教えてくださいね!きっと克服します!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。