新病院棟工事中浜松医療センター駐車場

浜松医療センターの新病院棟工事が進んでいます

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は外来で通う浜松医療センターの新病院棟工事が始まり、従来の駐車場は閉鎖され少し遠い場所の立体駐車場に駐車するようになりました。

なかなか遠い立体駐車場まで

今までは病院入口となる1号棟の角の前まで広がっていた駐車場は空いている時間なら病院内まで近かったものですが新病院棟工事に伴い、旧駐車場エリアは全て塞がれています。旧駐車場の入口にあたる道路の向こう側角に新たに立体駐車場が設けられて運営をはじめています。
今までにすれば最も遠い駐車エリアのさらに向こうとなりますのでご注意ください。
道路を渡るなどが必要ではありますが工事に伴う交通整理員なども配置されています。
駐車場が遠くなりましたので今までより少し早めに到着する、のんびり歩いていける時間とすること、オススメいたします。いずれ新病院となればさらに便利となる浜松市の基幹病院の将来に期待いたしましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。