家でも内履きを履けば脚つき最高

入院時も愛用した内履き、足つきがよくなります

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は家の中でも履いている内履きのお話、履けば足裏が安定して歩きやすいんです。

足の裏がふわふわに

現在の脚の状態は杖を突いて歩けるけれど長持ちはしない、例えばコンビニは大丈夫でも大規模店は歩きまわれない、そんなことではとポールウォーキングで足腰を鍛えています。少しづつすこしづつ歩きも安定しています。そこで室内(フローリング)でも履いているのが入院時にも愛用した内履きです。
足の筋肉が弱っているとじつは足裏がふわふわで安定しない、内履きをはけば土踏まずなどもしっかりして安定して歩けます。そしてときどき脱いで足指運動です。

足首に起こるむくみ

脚で気を付けるべきはむくみです。近所のリハビリウォークをすれば脚へのうっ血が止まるからでしょうか脚が楽になり適度に筋肉を使った感が生まれる、そんな時は脚のむくみが少なくなるようです。
運動しなければ特に足首、写真のように太い切株のようにふくれてしまいます。これを解消するのも運動です。
退院当初はサージソックス(圧着)を用いていましたが現在はくるぶしソックス、これもゴムが強いとむくんでいる脚がわかります。少し緩いものを使っています。

歩けば歩くほど

一度衰えてしまった筋肉は取り戻すのに数倍の時間がいる。60代以上ではさらに時間がかかりますからがんばりましょうと医師はそういって励ましてくれますがこれも毎日の少しづつの運動あってこそ、脚つきよくリハビリウォーキングを欠かさず、脚がむくまないよう気をつけて過ごしていきます。
少しづつ自分の脚のリハビリを自ら工夫できるようになってきています。医師まかせではなおりませんね!



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。