ノルディックウォークで少しづつ

背筋が伸びるノルディックウォークで

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝はノルディックウォークで少しづつ歩きを広げているお話です。

どのくらい歩けるのか

一昨年2019年末から翌3月半ば過ぎまでは腰部脊椎管狭窄症で入院・リハビリをして杖を突いての退院となった。
脚がすっかり細く萎えてしまって杖をつかないと危ない、そんな状態から1年、他病の手術・入院などを経ながらもまだ脚は元のように歩けない、車は運転できても杖を突けばコンビニ程度の店へは行けるけれど大型店がいけない、休みやすみできるベンチがないところでは脚がもたないのです。

借りたノルディックストックで

友が貸してくれたノルディックウォーク用のストックを使って歩けば両手に杖、本来の目的のスポーツウォーキングではないけれど両手に杖という形は不安がない、他にポールウォーキングという治療的に開発されたものもあると知りましたが、今はまずは歩くことに親しむことからはじめています。
なにより腕を肘から90度に曲げてストックを持つことから姿勢がよくなる。視線を遠くできて歩く姿勢が保てるのです。

家の周りから地域のみなさんと

まずは家の周りからと家のある1ブロックを歩いてみる。まだ行けそうなら2ブロック、公園のあるもう1ブロックと広げて裏の公園のトラックへと歩く距離を伸ばしたいと思っています。
もちろん公園にはベンチがあるから一気に歩くのではなく休みやすみ進みます。
そして10年ほど早朝にでかけ夜に戻る生活をしていたから交渉が途絶えていた隣近所、地域のみなさんとの出会いがあるウォーキングとなっています。
歩きだせば心も開くノルディックウォーキングぽい歩き、楽しみをはじめています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。