病院で使用されるフェイスシールド

マスクに張り付けるタイプのフェイスシールド

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は外来診察で向かった病院で見かけたフェイスシールドのお話です。

新しいシールドの装着が始まった

今月になりより新型コロナウィルス対策が強化された病院の入口では使われがちな布マスクに替わり紙(不織布)マスクが義務づけられています。
布マスクを着けた私は一昨日病院の入口で「紙マスクはお持ちですか?」と問われ、持っていませんと応えると病院支給の紙マスクを渡された。病院ではさらに万全の体制をとってくれています。

外来診察室では新型のシールドが使われていた

外来診察で診察を待てば受付などの医療事務の方、診察室に入ると医師付の看護師さんが写真のような新型のシールドをつけていました。
耳かけなどが見られないために聞けばこのシールドは取り外しが可能な両面テープ状のものでマスクにつけているという。確かに着けているマスクは違ってもみなさん同様のシールドをつけています。
働いていれば鼻マスクにもなりがちなところこのシールドは便利そうです。
マスクにつけているために目との間隔もあくことからメガネをかけていてもシールドはメガネに触れないようです。新型コロナウィルス対策で開発されたものも多い中、よい工夫の対策品を見せていただきました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。