老いを先取り 手指のリハビリはギターで

右の親指と人差し指の間の筋肉が痩せて萎縮し鷲手になった

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。今朝は新しいカテゴリー「老いを先取りする」から手指のリハビリをギターでするお話です。

右手指の痺れ・脚の萎えは老いの先取り?

昨年(2020年)春までの腰部脊椎管狭窄症と秋の肺がん(扁平上皮がん)は手術の成功で既に回復していますが、残ったのが脚の萎えと右手指の痺れ、歩くリハビリと共に現在手指のリハビリ運動に励んでいます。
見た目にも杖を突いて歩けば周りが労わってくれる。まだ63歳ながら少しだけ老いの先取りとなり、お年寄りの気持ちがわかるようになりました。先取りして楽しめばよいのです。

24歳頃まで弾いていたギターの再登場!

手指の運動といえば

手指の痺れや麻痺は肘を通る神経の管が圧迫するから、医師の勧めで既にこの神経管の圧迫箇所から動かす手術を終えています。これからは痩せ痺れた筋肉を取り戻すこと手指の運動をすればよいのです。
そこで若き頃に弾いていたギターを引っ張り出してきた。
筋肉と共に心のリハビリを兼ねて青春時代の力と筋肉を取り戻すのです。

右手指は4本あればギターが弾ける

本来は左右とも全ての指を使うギター演奏ですが、右手指の小指の麻痺が酷いものの、薬指までは動く、ならばギターは弾けるのです。
そしてリハビリだと言いながら弾きながら歌も歌って心のリハビリを行っています。
一時間ほど楽しむと弦を弾く右手指はジーーンと疲れ痺れている。きっとこれが運動になるのです。

老いの先取りをすれば対策も早いはず、同じ症状を持つお年寄りの気持ちがわかるようになる。
これは前向きに挑戦すべきことでしょう。ジャンジャンうるさいギターリハビリを続けていきます。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

1件のコメント

  • ギターが弾ければハーモニカも充分吹けるし、ハーモニカが吹ければパーカッシンも叩ける。リハビリというより趣味ですよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。