同病相励まし合う

病気や怪我を持てば不思議なことに同病と出会う

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。今朝は病いや怪我を持てば同病と出会い励まし合えるお話です。

プラス思考で生きる

「入院・療養生活をプラス思考で学びと感謝の毎日に変える」をテーマにお世話になった医師や病棟チームのみなさんへや支えてくれた家族へを綴るこのブログにはもう一つのルールを決めています。
それは「痛い・苦しい」と書かないこと、闘病とは誰もが辛いことが多くありますがそれは本人しかわからないこと、伝えることなどできないことです。
ならば前向きに取り組んでいる姿だけを伝えよう、そう誰の哀れみや「かわいそう」などと言葉を掛けられてはいけないのです。病いや怪我を得てこそ前向きの姿勢を貫くことのみが心配への感謝であり姿勢なのです。

同病相励まし合う

不思議なことに病いや怪我を経験すると同じ経験をした人に出会う、じつは世間には同じ傷み経験し克服した人は多いのです。痛んでみればそれが相手に伝わり、じつは私もと告白してくれる。
そしてもうこんなに元気になったよ!と先達は励ましてくれるのです。
どんな病いも怪我も自分だけの経験ではなく世にある多いことの一つだと知るのです。
そしてその元気をもらってより早く回復する。なあんだ一人だけの経験ではないんだ、そんな風には見えなかったなと世間の人それぞれの強さを知るのです。それがまた自分を力づけてくれるのです。

同病相哀れむだけでは前へ向くことができません、同病相励まし合う!で今日からも暮らしていきましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。