医師や病棟スタッフを護ろう

医師や病棟スタッフが護る患者 私たちも医師や病棟スタッフを護る

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。今朝は医師や病棟スタッフを護るのは私たちというお話です。

待望の医療スタッフ用ワクチン

コロナ禍の中、病院をあげて患者を護ってくれている医師や医療スタッフのみなさんを対象とするワクチンが配られはじめた。新しい季節がはじまろうとしています。
病院をあげて新型コロナウィルス対策をしてきた医師を含む医療スタッフのみなさんにまずは一日も早い投与をお願いしたいと思います。どんなに対策しても持ち込まれてしまうウィルスに立ち向かう手段がこれでひとつとれることになります。

今も混雑する病院

コロナ禍の中でも病院の混雑が変わらないのは治療を必要とする患者がそれほど多いことから、午前中の病院は今もとても混雑しています。さまざまな検査から診察、治療まで、そして入院や手術の際には事前に新型コロナウィルス検査を行っていますが完全に防ぐことはできていません。
ワクチン投与は逃げることなく不断の努力をする医療スタッフのみなさんへの朗報となっているでしょう。

診察の後での注意は

それでも外来診察の後、医師は私に「さまざまな検査で院内を回ったからくれぐれも消毒をしっかりしてください」と注意していただけます。
私たちこそ何人もの患者が診察を受ければ医師や看護師、さまざまな医療スタッフのみなさんこそさらに万全をと願うのです。

混雑する病院こそ重要な医療スタッフのみなさん

午前遅い時間となればさまざまな検査・診察・治療などを受けた患者は会計の前に集中する、混雑するほど多くの患者が訪れたことがわかります。
それだけ必要とされる病院であればその病院を護るのは私たちそれぞれがより気をつけること、消毒などの徹底が必要です。医師や医療スタッフを護られなけば私たちは護られない。
まずは医療スタッフのみなさんにワクチン投与されることで対策となることを望んでいます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。