コロナ禍の中、お宮参りも延期とする

孫が産まれても会えないことも護ること

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は一か月前に生まれた孫にまだ会えない爺ちゃんのお話です。

出産入院と抗がん剤入院が重なっていた

二月初旬、肺がん手術(成功)の後のケアとして術後抗がん剤を受けるために入院すると、予定日より早く出産を迎えた息子嫁(息子夫婦とは別に住んでいます)が同じ病院の新生児病棟に入院して出産した。爺と嫁生まれてくる孫は同じ病院で過ごしながらもコロナ禍の中、違う病棟にはもちろん行けず、迎えの息子ひとりが病棟入口まで行けるだけ、ほぼ同時に退院してからもお互いのために会えないでいるのです。

孫を護る親、孫を護る爺婆

それから早一か月が経とうとしていますが未だ会えない孫と爺婆、便利なものでラインで日々大きくなってくる孫の写真や動画を見ては喜んでいます。
今月に予定していたお宮参りも延期、ますます会えなくなっていますがそれも孫のため、そして私たちのための自粛です。誰もが気をつけるべきこと、そして年寄にはさらに危険なコロナであるのですから。

新型コロナウィルス対策は相手を護るために自らを護ること、会えない日が続くほど大切に思いあっていることになるのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。