病院用語:クラークさんとは

病院の受付・ナースステーションで働くクラークさん

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は病院・病棟で働くクラークさんのお話しです。

クラークさんとは

病院・病棟では医師・看護師さん・技師さんなどさまざまなスタッフの他に事務を行う事務員がいます。これをクラークさんと呼んでいます。医療事務員のことです。

クラーク とは
クラーク=事務員のことですがこの場合は医療事務員のこと、 医療機関での、受付や会計・カルテの管理・診療報酬請求明細書(レセプト)作成業務などがあります。これらの業務を行い、医師や看護士を支えるのが医療事務員のお仕事です。
看護師さんとは明らかに違う事務服などを着ていることからも見分けられます。
医療クラーク、病棟クラークなどと呼ばれることもあります。

入退院の際に患者が最初にお世話になるのもクラークさんです。病院以外で使われることが少ない言葉ですので覚えておくと便利です。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。