コロナと戦っている患者さんへのエール

病院に届いた子供たちからのエール

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。
今朝は外来で通う病院に飾られた子供たちからのエールのお話です。

もう少しと思う中でも戦う現場

まだまだコロナ禍の中、緊急事態宣言の解除が話題となり希望ともなっていますが病院・病棟ではそして多くのコロナ患者は今もこれからも最前線の中にあります。数ではなく一人ひとりの大切な命を守る現場は気の抜けない毎日が続いています。

子供たちからのエールが葉を広げる

昨日外来で訪れた病院も現場の最先端、コロナ患者を受け入れ治療を行っています。それでも多くの患者が信頼する病院は多くの入院患者を変わらずに受け入れて治療を続けています。
その通路に子供たちからのエールが届いていました。
「コロナと戦っている患者さんへ」とタイトルがついた医療の大きな木は常に患者を支える病院・病棟スタッフのゆるぎない信念、子供たちが寄せたメッセージは一人ひとりの患者への応援メッセージとなっています。

子供たちが伝えたのは大きな木を育てる小さな葉茂れる森、まだまだコロナ禍の森は茂ってはいますが一人ひとりを応援するそれ以上多くの心が集まって「一緒にがんばりましょう」と見守り応援しています。
みんなでコロナの向こう側へ!エールを受けてがんばろうと思うメッセージを読ませていただきました。

子供たちありがとう!そして一緒に未来を作りましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。