おかえりなさいでしたね!信頼の病棟

こんばんは!あっ!おかえりなさいでしたね!

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今朝は月一度の術後抗がん剤治療のために入院した病棟で先月お世話になった看護師さんに再会しました。

夜の病棟の歩き方

病棟に入院して安心するのは見慣れた看護師さんやヘルパーさんらに再会すること、昨日の夜にトイレに起きると夜勤の看護師さんとすれ違った。夜の病棟は廊下の灯りも抑えてあり少し暗いから安心してもらえるよう手で
挨拶し小さな声で挨拶してトイレへと目的を告げています。※暗い中歩きまわる徘徊と思われないように
すると看護師さんから思わぬ言葉をいただきました。

あっ!おかえりなさいでしたね!

すれ違いながら立ち止まって挨拶した看護師さんは先月の一週間でお世話になった看護師さんの一人でした。大きな病院には多くの看護師さんやスタッフが勤務しており、短い入院ではローテーションもあり必ず出会えるものでもありません。ましてや月が替わって再会するのも偶然でしょう。
「あっ!おかえりなさいでしたね」と笑顔で挨拶してくれた看護師さんは確かにお部屋番の担当としてお世話してくれた人、再入院といってもケアのためならと喜んで迎えていただけました。

信頼できる病棟にいること

信頼する医師のすすめるケア医療を受けるために入院する病棟に入院するのは手術後を含めて3度目、看護師さんやさまざまな病棟スタッフのみなさんに顔みしりができています。
すれ違いながら「あらっ?」と気づいていただけ、こちらも「おやっ?」と顔を覚えているみなさんに気づいている。これが安心して任せられる病棟の印です。

今回も一週間、今朝から術後抗がん剤の投与です。苦手な長時間点滴ですがさらなる健康のためにがんばります。顔なじみの信頼できる病棟にいるのですから安心です。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。