鼻マスク禁止はお互いを護るため

鼻マスク禁止はお互いを護るため

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今朝はお互いを護る鼻マスク禁止のお話です。

病院こそお互いを護る所

現在外来や短期入院で病院・病棟にお世話になっていますが外来では入口で体温チェックなどを受けた後は病棟内の検査に回ったり待合室で待つ時間はマスクを着けて過ごしています。
それでも待つうちに飲み物を飲んだりすればマスクがズレてしまっている場合があります。
最も多いのが鼻がマスクから出てしまうことです。

診察室はソーシャルディスタンスを保ちマスクをキチンと着けること

コロナ前から病院に通っていますが診察室での様子も変わってきています。診察室の椅子は医師の真横となっていたものが今はかなり離れた位置に椅子が置かれ、医師とも距離を保っています。
一度レントゲン写真をよく見ようと椅子をずらそうとすると看護師さんにとめられています。医師も患者もソーシャルディスタンスをとっての診察です。

マスクなおしてね

診察室前で待っている時間が長ければすきも出る、じつは鼻が出てる鼻マスク状態になっていました。
診察室に入る前に迎えに出てくれた看護師さんがすかさずチェック、「マスクなおしてね!」
病院はさまざまな人がやってくるところ、世間よりさらに厳しくチェックが行われ、私たちや医療従事者を護るルールを厳しく守っています。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。