手指の痺れは筋肉萎縮から

右手指の筋肉萎縮から痺れが始まった

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。
お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は手指の筋肉萎縮からの痺れのお話です。

脚の痺れと共に始まっていた手の筋肉萎縮と痺れ

一昨年(2019年12月)に腰部脊椎管狭窄症と他病の合併症で緊急入院し手術、数年前から始まっていた脚の萎えもあり3ヵ月半ほどの入院とリハビリで杖を突いての退院となりました。
その頃から手指の痺れがはじまり、その後に肘の手術を受けていますが今も痺れは続いています。

手指の筋肉が萎縮した

現在の手指の写真でご覧のように左手(健常)に比べ右手の親指と人差し指の間の筋肉が萎縮し、薬指と小指が曲げにくくなり少し変形しています。
これにより右手では重いものは掴めますがコインなど軽く小さなものを取り落としてしまうようになりました。
手指の先までの感覚が少し麻痺しているために指をひっかけてしまうことも起きています。

手術とケア

整形外科での所見は右肘部管症候群、肘を通る神経管が圧迫されて麻痺を起こしていることから全身麻酔での神経剥離術(尺骨神経皮下前方移行)などを受けています。

60歳以上では難しい可能性があること

医師の話では現状の「右手指環指しびれ、手内筋萎縮、鷲手変形」は現状よりはよくなっても長い間に起きた筋肉萎縮は60歳以上では復活が難しいといいます。
それでも毎日のマッサージや指の運動で鷲手(手指が曲がったままになる)は少しづつ広がってきています。
ただし指はまだ力がない状態です。

少し早めに老いを知ること

歳をとれば誰にも起きることのひとつが今回の指の筋肉の萎縮などからの痺れでしょう。
サイフからコインを取り出すのにまごつくのを見ればお歳の大変さがわかりますが、少し早く63歳でそれを体験していると思えばお年寄りのこと、気持ちがわかります。
何か問題があればその問題を知ることになる。それは誰でも将来起こりうることなのです。
つき合いながらさてどうなることか、確かめていきましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。