外来化学療法室(抗がん剤投与)とは

化学療法(抗がん剤投与)は外来でも受けられる

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は退院後に受けています化学療法(抗がん剤投与)のお話です。

外来でも受けられる化学療法(抗がん剤投与)

肺がん(扁平上皮がん)をロボット支援手術で受けて成功後、この1月から術後抗がん剤治療として副作用の大きさを診るために一週間の入院で投与を受けました。その後の投与をするために病院内に設備された化学療法室で二度目の抗がん剤を受けています。

化学療法室とは

部屋では化学療法(主に抗がん剤投与)を専門とする看護師さんが担当し、投与はリラックスして点滴投与を受けられるようベッドもしくは画のような安楽な椅子に座り1~2時間を過ごします。
私の使ったリラックスチェアは窓辺にあり外の景色を眺めながら静かに受けることができました。

静かでやさしく心やさしい対応

じつは手術前の抗がん剤の一部は別病院の化学療法室で受けており、今回は二度目、今回の病院でも同様に思ったのはこの部屋はがん患者へよりやさしく対応してくれるように思います。
静かにゆっくりと対応いただけ、ベッドや椅子の選択など私たちが過ごしやすいような設備のほか、がんの緩和ケアの一部である心のケアを習得した看護師さんがきっと担当されているのでしょう。
今回は1時間半ほどの利用ですがとてもゆったりとした気持ちで過ごすことができました。

もちろん隣との間にはプライバシーカーテンもあります。
これからも副作用の心配がなくなれば入院でなく外来でもよさそうだと思った化学療法室の利用でした。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。