病棟ベッドに100均S字フックで吊るす便利

ベッド柵を利用して吊るして便利をつくりあげる

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は病棟のベッド柵を利用する吊るす便利を紹介します。

100均のS字フックで吊るす便利

入院してベッドが決まれば入院用品で膨らんだバッグからさまざまを取り出して備えの棚やひきだしに収納し、使い易いように並べることで入院暮らしが快適になるように工夫をします・
今回の入院では100均のS字フックを持ち込んでいます。ベッド柵に吊るしておくと便利なものは看護師さんとのホットラインであるナースコール、これは寝ているときは手元に吊るしておいて活用します。
柵の角は柄の長い靴ベラの定位置、病棟内では上履きを履きますから長い靴ベラで足元に引き寄せ、屈むことなく上履きを履いて立ち上がります。
手前に見えているのはもとより柵に提げられているベッドのコントローラーです。

シャワー用・洗面用・汚れもの入れも提げておく

柵を利用して提げておく袋はシャワー用(タオル・シャンプー・ボディソープ・ひげそり等)入り、洗面用(歯ブラシ・歯磨き・ヘアブラシ・タオル等)、そして毎日着替える肌着・下着・靴下などを入れる汚れもの袋です。どの袋もはじめから提げておけば都度使え、また戻すことで便利に使えます。

書類入れを用意しておくこと

入院生活では病院から渡される医療計画や説明書・承認書類などさまざまな書類がありそのコピーなどをいただけます。クリアファイルなどを用意してもらう都度に挟んでおくと後に見た時にも便利です。

病棟内・病室内でもマスクを着け、手などの消毒を忘れずに

2020年に4度の入退院を繰り返せば、2020年2月頃から起きたコロナ禍の中、医療従事者のみなさんの懸命な努力を見ています。次第に厳しくなる中、今回2021年1月の入院では入院一週間前に唾液を提出して新型コロナウイルス検査が行われました。
病棟の中ももちろん、医師・看護師・ヘルパーさんやさまざまな病棟チームのみなさん全員がマスクをしています。患者である私たちもベッドでは外しても病室内を歩くとき、病棟内へ移動するときはマスクをし、消毒をしての生活を送っています。お互いがお互いを守ることが約束です。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。