病棟ではネームバンドと氏名生年月日で管理

氏名と生年月日、ネームバンドで本人確認

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は病棟での本人確認のお話です。

本人確認は病棟の基本

入院し病棟へ入るとまずは本人確認の上で手首にネームバンドが着けられます。氏名や生年月日、IDのためのバーコードなどがついたネームバンドは退院の日時間まで着けています。
病棟での基本は本人確認を都度行うこと、患者一人ひとりに合わせた食事や治療を行うために確実な本人認証が行われます。
例えば食事の際にも名前を呼んで確認しての配膳が行われ、検査の都度ネームバンドや本人認証(氏名と生年月日など)が行われます。
もちろん食事後などの薬の配布も同様、確実に本人に渡るように確認が行われています。

本人以外では確認できない

例えば外来で車椅子に乗せた患者を家族などが連れてきた場合も付き添いではなく本人に直接氏名や生年月日を聞くことで間違いを防いでいます。
外来ではその前に本人を表わす診察券や指示書が必要ですが入院患者は検査書類などは病院内ネットワーク上で伝達されることからネームバンドだけでも済むことから何も持たずに検査などを受けることができます。

入院患者それぞれのIDとなるネームバンド、そして口答による確実な本人認証で私たちは守られているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。