はじまりはナースコールから

迷わないこと、異常を伝えるのはナースコールが起点

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は何事もはじまりはナースコールからというお話です。

ナースコールは第一報

病室ベッドに備えられたナースコールは第一報をナースステーションに伝えるもの、体調の急変はもちろん、さまざまな不安や用事などでも押して伝えることが大切です。ここでケアされるべき身である患者は遠慮や迷いは不要です。まず伝えることから全てがはじまります。

忙しさに忖度してしまうこと

長く病棟で過ごせば看護師さんの業務の忙しさを理解するようになる。朝や食事の準備やその後などナースコールが集中するだろう時間があります。重なるコールのためにすぐに対応できないだろうと想像できる時間もあります。
それでも伝えることからはじまりますから第一報のコールをして順に入ることが大切です。

ナースコールを手元に

病室に設備されるナースコールは長いケーブルを介してベッドに伸ばされています。
ベッド柵などに巻き付けて見える場所に置きますが時として落下したり、起きた姿勢や寝た姿勢で違う場合で遠くなる場合もあります。
どの姿勢でもすぐに手にできるよう、また移動などして手元の見えるところに置く・提げるなどの工夫が必要です。

ナースコールはブザーと音声で

ナースコールのケーブルの先には押しボタンが(握って押す・押す)があり、途中には音声を送受信する装置が付いています。押して「どうしましたか」という音声で応えられたら状況を声で伝えることができます。また押すだけでもナースステーションにはコール音で知らされます。
またナースステーションには病棟全体のコールを受ける盤があり、コールした患者を把握することができます。

ナースコールで伝えるための設備、遠慮せずに活用して今の状態や状況を伝えましょう。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。