電子カルテと共に活かす医師回診

病棟を医師が回る回診を活かす

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は病棟の午前に行われる医師回診を活かすお話です。

医師回診とは

昨年春までと秋に入院(整形外科)した総合病院では午前中に医師回診が行われ、医師と助手、看護師さんが患者それぞれを回って直接患者と話しながら具合を看てくれます。
※手術を担当した医師でない場合もありますが医師団のひとりです
担当看護師さんは朝・昼・夕その他で入力した電子カルテの内容を伝えながら医師に状態を伝えて回診を助けます。この機会に医師が判断した方針を患者やケアする看護師さんに伝達されます。

医師も閲覧する電子カルテ

患者の朝・昼・夕その他に入力されたデータは看護師・病棟スタッフだけでなく医師も当然共有しています。医師も同様にナースステーションの端末(パソコン)を見ては専門的な判断をしています。
その上で指示が出ています。

大きな判断は医師に相談する

治療方針や今後の施術などは医師が決めること、回診時間を活かせば診療室に行くことなく患者は医師との話ができるのが回診です。治療への疑問はもちろん、入院期間や退院時期などさまざまなスケジュールもここで聞いて回診を活用します。

だいぶん良くなりましたね

整形外科での回診では手術後の患部の様子を確認しリハビリでの回復を確認してくれたのも回診時間でした。
萎えた脚の回復状況を直接脚の動きを見て確認し今後を予測してくれたのもこの時間です。
そしてその言葉を励みにさらに活動する。医師をはじめ連携する病棟チーム全員が知っていてくれることに満足し任せられる安心を得られるのも回診時間の喜びです。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。