朝・昼・夕を知る看護師さんを頼る

電子カルテ(パソコン)は随時更新で患者情報を共有される

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は患者の朝・昼・夕を知る看護師さんを頼ろうというお話です。

電子カルテで患者を継続ケアする看護師さん

朝に昼に夕に入院患者のベッドを回ってバイタル(体温や血圧・体内酸素量など)を計り、具合を訊ねてパソコンに入力する看護師さんが付けているのが電子カルテです。
ここに継続して入力されたデータは日勤・夜勤・深夜勤の看護師さんが共有して使い、そのデータには患者それぞれに気をつけるべきことも掲載されています。電子カルテはナースステーションにズラリと並ぶ端末(パソコンの画面)で閲覧でき、これを読むことで共有されています。
つまりベッドにやってくる看護師さんが変わっても最前のことを承知してケアをしていただけます。

一人に話せば医師にも病棟スタッフにも通ずる

例えば便秘になっていることを夜勤の看護師さんに話し、下剤を調整してもらい飲めば翌朝の看護師さんがお通じがあったかを訊ねられることになり、これもカルテに入力される。これは医師も確認することになり最新の体の状態を知った上で治療を受けることができます。
どんな体調の変化も看護師さんに話すことで患者を守るさまざまな病棟スタッフに共有されてそれぞれ専門の治療に活かされます。なんでも話してケアを受け、共有されることを知っておくことです。

リハビリスタッフも知っていた

ある朝、いつものようにリハビリスタッフがベッドにやってきて運動に誘っていただいた。すると便秘解消ですねと笑顔で話しかけてくれた。朝一番でナースステーションの端末でリハビリを担当する患者の最新情報を知った上での言葉でした。「今朝はスッキリだよ!」と答えてリハビリに向かいました。
話し伝えることで病棟チーム全員が知る自分の今はまずは自分からの発信からはじまるのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。