今日は脊椎管狭窄症手術一周年記念日

脊髄の中に通る脊椎管が狭まることで強い腰痛や歩けなくなる

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は昨年末2019年12月29日に受けた脊椎管狭窄症の手術から一周年のお話です。

腰の傷みと脚の萎え・高熱で緊急入院した

ここでは「撮った・萎えた・倒れた」でお話したとおり昨年2019年12月初旬の仕事を最後に倒れ、とうとう12月21日に緊急入院となった。入院時の診療計画書を見れば腰部脊椎管狭窄症・感染症(尿路感染の疑い)と糖尿病という所見での入院がはじまりました。
既に数年前から下肢の痺れや筋力低下から歩きに問題を起こしており既に腰は慢性的な痛みとなっていました。

手術名は腰部脊椎管狭窄症に対して椎弓形成術

手術理由として示されたのは「腰椎の変形により脊椎管が狭窄されている。下肢痺れ・疼痛・麻痺などさまざまな神経症状が起こる。筋力低下が見られる場合は手術加療が選択される」とされています。
手術方法は「椎弓形成術、背中に約15cmの皮膚を切って、腰椎の椎弓を削って脊椎管を拡大する。手術時間は3時間、全身麻酔で行う」と示されました。

※脊椎管とは脊髄の中を神経が通るところ、ここに骨が突出して神経を圧迫していることから手術をしています。

手術後はリハビリで回復するのみ

整形外科で行うこの手術は手術後は回復するのみ、手術の傷には貼り付けるシールで保護されますが術後数日で剥がされます。私の場合は数年間の(しなくてもよい)我慢により下肢の痺れや筋肉の萎縮などを起こしていたために3ヵ月半もの長期入院となりましたが、早い方でしたら1週間ほどで退院する方もいました。

腰の傷みは我慢しないこと

脊椎管狭窄症や椎間板ヘルニアなど誰もが持つギックリ腰のような痛みは適時に整形外科での検査・治療・手術やリハビリをオススメします。
なぜならば早いうちならば手術後の入院も短く、復帰も早いこと、全身麻酔の手術を受けたあとは傷の傷み以外はあの強い痛みは消えてしまいます。長年の腰痛を持ち、定期的にギックリ腰のような状態となることを繰り返すのであれば手術で解消ができます。
手術から一年、春までの入院の初期で既に傷みはなくなっています。長年の苦しみはなくなりましたが、私の場合は長年我慢しすぎたための脚の萎えや痺れが残ってしまっています。
これは処置が遅かったから起きていること、現在日に日に歩く距離を伸ばして健康になった腰で歩くリハビリを行っています。
腰の傷みを持つならば是非整形外科への受診、手術+リハビリで腰痛を持たない体になることをオススメします。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。