コロナ禍の中 診察室でもディスタンス

診察室でもセルフディスタンスを守って

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日はコロナ対策の病院の今を紹介します。

診察室でもセルフディスタンス

外来診察で訪れる病院では先生が待つ部屋に順に入ります(もちろん全員がマスクを着けています)が、コロナ禍が始まった頃から先生と私たち患者の座る椅子が離れはじめた。
もう少し近くで聞きたいと思うほどの距離があります。もちろん先生も私もマスクをしています。
先生が示すレントゲン写真の詳細が見えにくいことから画像を拡大して見せていただけました。

もう少し離れてください

先生の話を聞くうちについつい椅子ごと前に出でしまうと看護師さんがいう。「もう少し離れてください」
マスクをしていたとしてもセルフディスタンスを守ること、病院では持ち込まれる病気に注意をしていることがわかります。それは私たちが信頼し任せられる病院ならではと気づくのです。

持ち込まないのは患者の義務

病院や施設で起きているパンデミックのニュースを見る度にまずは持ち込まないことだと戒めます。
病棟で働くみなさんより圧倒的な数がいる私たち患者は外から病院に向かいます。
まずは毎日の手洗いやマスク、体温チェックや不用意な外出を避けることが大切です。
信頼できる病院を希望するならばまずは私たちが信頼されるケアをしていることが基本です。
コロナ禍の中でも外来で病院に通う今、完全な健康を持たない私たちはより注意が必要です。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。