ローテーション勤務の看護師さんなのに

長く入院していると看護師さんのローテーションがわかるようになりますが・・・

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は長い入院で覚えてしまった看護師さんのローテーションなのに起こる不思議の話です。

看護師さんのローテーション

入院した整形外科病棟の看護師さんは日勤と夜勤、深夜勤のローテーションで働いています。正確な時間はわかりませんが日勤は8時過ぎから夕方まで、夜勤は午後遅くか真夜中まで、深夜勤は朝までを担当しています。
長く入院していれば看護師さんやヘルパーさんのローテーションがわかるようになります。
多く働く看護師さんやヘルパーさんには会話から気の合う人が見つかる。自然に担当日が待ち遠しくもなるのです。

なぜか痛いの担当になる看護師さん

起床時間がやってくると部屋を担当する看護師さんが回ってきてバイタル(体温や血圧、体内酸素量など)のチェックにやってきます。
血液検査なども行われますが私はチクッと痛いのが苦手、点滴ハリの挿入なども同じです。毎日ではありませんが検査日に担当としてやってくる一人の看護師さんがいました。
なぜかチクッとするものは彼女の担当日となるのです。
顔を見せる度に「もしかして血液検査?」などと言えば「なぜか担当になっちゃうね」と笑う。
そして嫌いな私に容赦なくハリを挿すのです。もちろん「ちょっとチクッとするけど」と言いながら。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。