がんばれ看護学生!国家試験は2月14日

入院時にお世話になった看護実習の学生さんはバレンタイン返上で試験に挑戦する

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は夏の入院の際にお世話になった看護学生さんはバレンタイン返上で国家試験を目指すお話です。

呼吸器内科でお世話になった看護学生さん

春までは脊椎管狭窄症を含む合併症で手術・リハビリを受けた整形外科病棟に入院し、その際に見つけていただいた肺がん(扁平上皮がん)の抗がん剤治療のために夏は一カ月呼吸器内科病棟に入院しました。
そこでお世話になったのが病院関連の看護学校で学ぶ学生さんです。
看護学生は1年生から3年生までそれぞれ現場実習があり、実地で経験を積んでいます。私のベッドにも担当の学生さんがついてくれてバイタルチェックなどのお世話をしていただきました。

目標とする先輩と共に

看護学校の先生と共に挨拶に来て担当となっていただいたのは3年生、来年2021年の春の国家試験を目指し実地訓練を積んでいました。基本的には部屋の担当の看護師さんと共に活動しその仕事の一部を助けて働きます。
先輩看護師さんも同じ看護学校の卒業生、まさに同じ経験・体験をして看護師になった先輩ですから教えにも力が入ります。まだういういしい学生さんは憧れの先輩と共に働く春を目指しているのです。

国家試験は2月14日

調べれば次回の看護師国家試験は2021年の2月14日、バレンタインデイの日の試験となります。若き看護師さんは今期はバレンタインデイ返上での挑戦となります。
春までの入院でお世話になった整形外科病棟には5人の新人が胸に新人を表わすクローバーマークをつけて働いていた。看護学校で学んだことを基本に病院のさまざまなルールや伝統をさらに学びアレンジして働いていました。

お世話になった看護学生さんが晴れて看護師となり病棟で働きはじめるのは春、もちろん再開する可能性はないことを(再入院などは)期待していますが、きっと立派な看護師さんになるだろうと期待しています。
抗がん剤の影響で苦しんだ日、ずっとベッドサイドで励ましてくれた学生さん、ありがとうございました。そしてがんばってくださいね!



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。