呼ぶだけでなく会話もできるナースコール

呼ぶだけではなく話すこともできるナースコール

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は看護師さんとのホットラインであるナースコールのお話です。

ナースコールは看護師さんとのホットライン

病棟に入院して担当の看護師さんから病棟の決まりなどを聞き、教えられるのがナースコールの使い方です。
ナースコールはベッドサイドから伸びたケーブルの途中に音声で会話できる装置があり、その先にコールボタンがついて看護師さんのいるナースステーションに繋がっています。
「いつでもナースコールで呼んでね」と看護師さんに言われてボタンを押せば「どうしましたか」と看護師さんの声が途中の装置から聞こえてくる。
話すことができる状態であれば状態を伝え、話すことができなければボタンを押して急を知らせれば看護師さんがやってきます。

患者仲間が押す回数は性格でも違う

4人床に入院していると同部屋の患者仲間によってナースコールする頻度が違うことに気づきます。
患者の病状はそれぞれ違い、自分ではできないこともそれぞれ違います。
看護師さんには医療的な援助のほか患者の日常援助もお願いすることができます。看護師さんは都度「こんな時は呼んでくださいね」と教えてくれますから遠慮なく押せばよいのですががなかなか押せない人もあります。迷うのです。

ナースコールは重なりがちなもの

私が春まで入院していた病室はナースステーションに近く、押されたナースコールの着信音がよく聞こえました。ナースコールを押せば同室であれば鳴らした音が小さく聞こえるだけですが着信は看護師さんに聞こえるよう少し大きな音で鳴っています。
そして起床時間後や食事前や食後、消灯前などにナースコールは集中する時があります。そんな場合は看護師さんの対応が重なりすぐにかけつけられない時もあるのです。

状態を知らせることから始まるケアの方針

入院した患者を医療・日常でケアする看護師さんは患者の状態を経過観察して電子カルテに記録して他の看護師さんや医師、スタッフに共有しています。
その記録を承知してかけつけてくれてくれるからさらにピンポイントにケアをしていただけます。
もちろん医療ケアのために今の状態を対面、ナースコールで知らせることが大切です。
まずは遠慮なく伝えることに貢献するのがナースコールです。活用していきましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。