イチニー・サン!のストレッチャー移動

入浴用など専門のストレッチャーへの乗り移り

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日はベッドから自ら降りられなかった頃、看護師さんやヘルパーさんに専用ストレッチャーへ乗り移りをしていただいた頃のお話です。

浴室用ストレッチャーへの乗り移り・ベッドへの戻り

入院の楽しみはシャワーなどの入浴ですが寝たきりの状態ではそのままお湯をかけることができる専用のストレチャーに移していただきます。
ベッドからストレッチャーへの移動は大変な重労働、体の下に滑りやすい板などを敷いたりの工夫はありますが何人もの看護師さんやヘルパーさんが力を合わせての作業です。

よいしょ!イチニー・サン!の乗り移り

四人くらいの看護師さんヘルパーさんが囲み移動させてくれる乗り移り、浴室に行けば病衣を脱がせていただいて適温のシャワーをかけ洗っていただけます。手術後に許可された久しぶりのシャワーで体がきれいになり、温まって大変気持ちがよいもの、なされるままのシャワーも初めての経験でした。
そして体を拭いていたき病室に戻ればお手伝いのみなさんの力を借りてまたベッドに戻していただけます。

車椅子で行けるよう、いつか一人でシャワーに行けるように

病棟のシャワー室は介助付の部屋と一人で入るシャワー室に分かれています。車椅子への乗り移りができるようになれば介助付のシャワー室で助けを借りながらとなり、立つことができ安全だと確認できれば看護師さんから一人での入浴の許可をいただけます。
回復と共に予約してシャワーが楽しめる自由度が増し、いつもスッキリとした体となれるのです。

新たに病棟にやってきた患者さんが入浴用ストレッチャーで浴室に向かう様子を見る、介助付の初めての入浴を待つ人と話せば、私も最初はストレッチャーだったんですよとアドバイスと励ましができるのです。
清潔な体となり清々しい気持ちでいることも患者の努力ポイントなのです。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。