手術前ケア 担当別に万全な説明がある

手術前日・当日は担当別に説明がある

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は手術前の不安を取り除いてくれる担当別の説明のお話です。

手術方法は担当医(執刀医)と患者で決めるもの

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と肺がん(扁平上皮がん)、手指の痺れを解消するための肘の手術で三回の手術を受けましたが、病状を確認して手術を勧めるのが担当医ですが、それを決めるのは患者です。手術の方法のさまざまな提案を聞き、納得して手術に臨むこと、私が選んだ肺がんでのロボット支援手術もそのひとつでした。

手術前日までに受ける説明や検査

今回の三手術はどれも全身麻酔での施術、人工呼吸器をつけての手術となれば意外なことに口腔外科の検査を受けます。術中に施される人工呼吸器などで歯がぐらついてしまうことなどがあるため、事前に弱い歯などがないかを確認します。
そして手術の担当として麻酔医や手術室担当の看護師さんがやってきます。
麻酔医の確認事項は以前の手術時での麻酔への反応の確認や麻酔の方法、誰もが確認しますが麻酔の効き方や覚め方を聞きます。
手術室看護師さんは手術室への入る時の話から術後に戻る部屋までなどの具体的な説明をして不安を鎮めてくれます。

先生は都度やってきてお話してくれる

術前日、当日朝などにベッドを訪問してくれるのが担当医(執刀医)です。既に手術方法も決まっており、各担当からの説明を聞いている上で元気づけてくれます。患者としてはもはやまな板の上の鯉ではありますが先生の笑顔うれしく、看護師さんの励ましも力になる。きっとこのベッドに元気に帰ってくるよと約束します。

さあ!行きましょう

手術日の手術時間が近づけ病室担当の看護師さんがやってきて「さあ行きましょう!」と同行してくれる。私は歩くことができましたから一緒に手術室のある階までエレベーターで移動して手術室エリアのあるドア前まで行く、そこからインタホンで呼ばれた手術室担当の看護師さん(挨拶を受けた看護師さん)に引き渡されます。
そして手術がはじまるのです。病棟チーム総がかりで私のために動いてくれている。これが最も大きな安心でああり信頼となっているのです。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。