入院グッズ あると便利なS字フック

ベッド周りのものを提げるS字フックがあると便利

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は久しぶりにあると便利な入院グッズからS字フックの紹介です。

ベッド周りのものを手元に提げる

病棟に入院する時に持ち込むものはさまざま、肌着やタオルなどはベッドサイドの収納棚などに納め、時計や箸やカップなどは食事などに使うワゴンやサイドテーブルなどの上に置いておきます。
入院してみればその他にベッド周りにあればいいなと思うものが出てきます。そんな時に100均などで手に入るS字フックがあると工夫ができます。

長い靴ベラや孫の手、ナースコールを手元に

前にお話ししたように病棟内では上履き(クロックスのようなつっかけタイプはダメ)を履きますが、ベッドから降りる際に足元に置いた上履きを履くために足元に引き寄せたり、屈まないで履くために長い柄の靴ベラがあると便利です。(100均※ダイソーにありました)
またエアコンで温度調節されている病棟は肌が乾燥して背中などが痒くなりがち、孫の手があると便利です。
そしてそれをベッド柵にかけておくS時フックがあると便利です。

ナースコールをかけておく

ベッドから看護師さんを呼ぶナースコールはベッド柵などにかけて置くものですが、これもいつでも取れるようにしておきたいもの、ベッド柵の角には靴ベラなどをベッドに寝た手元にはナースコールを提げておくと迷うことなく使えて便利です。

シャワーセット、汚れものなどを入れた袋の管理にも

病棟暮らしの楽しみにシャワー(入浴)があります。タオルやボディソープ、シャンプーやヒゲソリなどを袋に入れて持っていきますがこれも袋(濡れてもよいような)に入れてベッドサイドに提げておくと便利です。
そして着替えた汚れものなども同様にしておくことができます

落とさずに手元に置いて便利な工夫

病棟暮らし(私は4人床)で過ごす時、周りから物を落とす音が聞こえる場合があります。さまざまな手元のものを床に落としてしまえば病状からも拾いにくいもの、落とさない工夫からも提げておく管理が便利です。
ただしベッドはさまざまなケアを受けるところ、医師や看護師さんの邪魔にならないようにすることも忘れないようにしましょう。あると便利なコンビニ100円フックで工夫して病棟生活を送りましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。