看護師さんの衛生対策は万全目指す

病院各所に備えられた衛生・消毒具を使い万全な対策を行う看護師さん

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。
今日の話題はコロナ対策も含め不断の衛生対策をする看護師さんのお話です。

コロナ禍の中、病棟へ持ち込ませない対策をとる

私が現在外来で通う病院では入口での検温はもちろん、エレベーターで上がった病棟の各階でもチェックがあり外部からの人は通ることができません。売店など一階にある施設に行く場合にはマスクはもちろん、出入りの際には消毒などを義務づけられています。

病棟で働く看護師さんやヘルパーさん、さまざまなスタッフは肩からハンドジェルやスプレーを提げています。
提げているからさまざまなケアの後で使う様子を見ることができます。

汚物処理にはエプロンを着ける

忙しく病棟内の部屋を回って働く看護師さんが使い捨てエプロンを着けていればそれは汚物処理やその後の清拭の仕事をすることがわかります。
私が入院した病棟ではエプロンや手袋などが入口外に備えられていて患者さんごとのケアの際に着けて使い捨てています。もちろん終了後は手を消毒しています。

救急病院にはいつコロナ患者が来るかはわからないところで働くこと

病院でのパンデミックなどが報じられますが、コロナの保菌者のうち緊急入院の際に症状が顕在していなければ入院となります。その後の発症となった場合は院内の感染になってしまう。
これは防ぎきらないのです。患者のために懸命に働いていれば感染も起こりえるのです。

コロナ禍のはじまりから次々と対策された

私が最初に入院したのは昨年2019年の12月末、最初の入院は翌2020年の3月半ばまで続き、その間に客船ダイアモンド・プリンセス号での発症がはじまり、それまで見舞いなどで賑わっていた病棟内のデイルームは患者専用となり、その後は病棟への出入り口となるエレベーターでのチェックがはじまり、病院の入口での検温などと対策は進んでいます。

病院で働くヘルスファイターを応援しよう

コロナ禍の中も懸命に働くHEALTH FIGHTERのみなさんに拍手と応援の気持ちを贈りましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。