階段リハビリは上り下りで高さが違う

上り下りで段数が違うリハビリ用の階段

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日はリハビリで使う階段歩行設備のお話です。

立てば歩め、歩めば上れの歩行リハビリ

脊椎管狭窄症(ギックリ腰のような)で入院、他病との合併症のために一カ月以上もベッドで過ごせば脚が萎えてしまう。理学療法士・作業療法士の先生について歩くリハビリをはじめました。
広いリハビリルームに行けば同様に歩くリハビリや体力づくりのための運動、手指のリハビリなどに励む仲間がいっぱい、年齢もさまざまな患者がやってきます。
まずは平行棒で立つ練習、立てるようになれば一歩づつ歩く練習、そして歩行補助具などでの訓練と続いていきます。

階段昇降への挑戦は日常リハビリのはじまり

リハビリで歩けるようになってくれば生活で多くある階段昇降の訓練に挑戦します。家庭や会社などさまざなところには一二段の階段があったり(玄関や玄関からなど)、多段の階段昇降などがあります。それを想定しての訓練にはリハビリ室に備えられた画のような設備を使います。

上り下りで高さが違う階段設備

画のように(さまざまなものがありますが)、手前から上る(下る)段と下る(上る)段は高さと段数が違います。ここで手すりを持ちながらの階段の昇降訓練を受けています。
手すりがあることで安全に上り下りができること、脚の運びや杖などの補助具の使い方、左右の手での掴み方などを経験して学ぶのです。

スクワットで歩き・昇降能力を上げる

足を肩幅よりやや広くして立ち脚先をやや外側に向けて背筋を伸ばしたまま尻を下げる、息を吐きながら腰を沈め、息を吸いながら元に戻す、歩けるようになる訓練と共に受けるスクワットで歩く、上る力を培います。
病室でもできるスクワットでリハビリの成果を伸ばしていきます。

病棟の階段を上り下りする仲間

歩くリハビリや階段昇降訓練が進めばリハビリの先生や看護師さんの許しを得て病棟の階段などを使っての訓練をはじめます。「今日は上の階への階段上り下りを3セットやったよ」などと話す仲間の言葉も励みとなってきます。まずはスクワットスクワットと励むことができ、挑戦がはじまります。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。