転ばぬ先の手すりは両側に必要

転ばぬよう歩くことが一番の心得

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は病棟内の歩行訓練手すり編です。

手すりは必要だと知る

脊椎管狭窄症に伴い一カ月ほどベッドから降りられないでいるうちにすっかり萎えてしまった脚はリハビリの先生の励ましで歩けるようになったならば少しでも歩けるようにと自主練習を勧められ、病棟内を歩きはじめた頃のお話です。先生からの指導は廊下の壁の手すりに沿って歩くことでした。

手すりが必要なのは年寄ばかりではない

家には既に後期高齢者の母のために寝室から居間やトイレに一人で移動できるよう手すりをつけていますが、ギックリ腰などの経験者ならばわかるように若くとも手すりに頼る生活をすることがあります。
その場合、手すりは廊下の両側に欲しいことがわかります。

手すりがなければ階段の上り下りができない

いざ脚が萎えてみれば(腰の傷みがあるなども同様、まして高齢者ならなおさら)わずか数段の段の上り下りは大変危険な場所となります。
じつは先日近所数件に広報を配りに行きましたがほとんどの家の玄関は二三団の上にあり、萎えた脚と杖だけでは大変怖い、まして階段となればなおさらです。

右脚の萎えを右手杖で支える

萎えた脚を支えているのは右手の杖、手すりがある廊下を歩く場合は左側の壁に沿っていきます。病棟の廊下にはさまざまな部屋の入口意外の場所には手すりがありますから沿って歩くことができます。
ところが母のためにと取り付けてある手すりは片側にしかないのです。
母は上り下りはしませんが二階への階段には手すりがまるでないのです。
手すりは転ばぬ先どころか上り下りする時の最低限の施設なのです。

今日も転ばぬように気をつけて手すりがあるところで歩行練習と運動をいたしましょう。
そして近々手すりの増設を今度は母の気持ちになって自分のため、他の家族のために考えてみましょう。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。