看護学校生は実習で看護師を目指す

看護学校生は病院実習で実務を学ぶ

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今日は病棟で看護師さんに学ぶ看護学生さんのお話です。

看護学校生は病院実習で実務を学ぶ

肺がんの化学療法(抗がん剤投与)で入院中のある朝、病棟の師長さんと看護学校の先生に連れられて看護学校生の生徒さんがやってきました。入院した病院では直営の看護学校を持っており、学生さんは実習のために病院にやってきて学んでいます。その一人が私の担当となりお世話をしてくれることになりました。

看護師さんの後をついて習う実務

点滴で受ける抗がん剤投与だけで他には問題のない私には朝昼などのバイタル(体温測定や血圧や体内酸素量などの計測と聴診器など)の検査を担当してくれました。看護師さんの役割を分担した学生さんは計ったデータを看護師さんと共有してその日担当の看護師さんと力を合わせます。
血圧計などは自動で計る機器なども整備されていますが、彼女が持っているのは古い型の手動のポンプ型のものでした。きっと停電時などでも対応できるようにという配慮なのでしょう。

看護学生は三年学んで国家資格を取る

担当してくれた学生さんは三年生、既に一年生の頃から実習で学んでいます。卒業の春三月に国家試験を受けて合格すれば新人看護師としての勤務がはじまります。
まだ希望の科(整形外科か外科をご希望だった)は決まっていないそうですが、患者さんのお世話をするのが楽しいという適正を持っていらっしゃる。「ここでお話していていいですか」とベッド横に立ってお話をして気持ちを和ませてくれました。

何度も出会った看護学生さんがんばれ!

じつは一か月ほどの入院の間はもちろん、その後の外来などでも病院に行く度にその学生さんと出会うことが多くありました。看護師さんの後ろを懸命に着いて歩くその姿、お昼休みで仲間と合流して食事に行くところなどを見かける度に「がんばっているね」と声をかけることができました。
卒業後は系列の2病院のどちらかに勤務するという彼女、心なごませる会話、一所懸命に世話してくれるその姿勢はもう看護師さんの資格合格だ!と一患者ではありますが太鼓判を押してあげられます。
長い人生、またどこかでお世話になるかもしれませんね。「応援しているよ!」



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。