歩行器リハビリは仲間のフリ見て我が身で試せ

歩行器リハビリがはじまれば病棟世界が広くなる

生まれて初めての昨年2019年末から2020年の春まで3ヵ月に及ぶ入院と静養、夏の一か月の抗がん剤投与に伴う入院、そして夏の終わりの二週間、そして秋には三度目の入院して病棟で過ごせば知らなかったことに気づくくことがたくさんありました。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんの献身的な仕事ぶりに感謝しながら病棟暮らしで起きたことをまとめています。 今回は歩行器リハビリの続きです。

仲間のフリ見て我が身で試せ

車椅子を卒業してリハビリが歩行器に進めば、私たちは座った高さから立ち上がった時の視界を取り戻すことができます。そして脚がしっかりすれば移動が楽になり運動範囲や行動範囲が広がります。
毎日リハビリルームで学ぶ健康への道は器具なしの歩行への道を文字通り確実に歩んでゆくのです。

リハビリ室から病棟に戻っても許可された歩行器での自主練習を行います。歩行器でトイレに行く、デイルームに行く、売店へ行くなどに使えば歩行器は私の脚を助けてくれます。
そこで同じ病棟で同じ歩行器を使う仲間を見つけました。

一周のラップを計る仲間

デイルームで休んでいる私は廊下を歩行器で歩く仲間を見つけました。私のように一周しただけで顎が出てしまい休んでいる者とは違い何週もの運動をしています。
聞けば一周のラップを計り達成した距離と共に毎日伸ばす努力をしているというのです。

歩行器に頼らず姿勢を正して歩く

まだ病棟での歩行器運動の許可が出たばかりの私は上半身を歩行器に預けて押し出すように歩いていましたが彼は違います。背筋をまっすぐにして歩行器に手をかけただけで押すように歩いてゆく。
歩行器は頼りにするのではなく転ぶことを防止するだけに使っているのです。
さて、背筋を伸ばせばもっと歩けるようになることに気づかせてくれたのです。

プライベートでもシニアアスリート

運動が苦手な私と違い先達は70代と年齢的には先輩でも市内の野球(ソフトボールかも)シニアリーグの選手として活躍するアスリートでした。
同じ脊椎管狭窄症の手術を受けても与えらるリハビリの課題を次々とこなしクリアして歩行器運動となっています。自ら編み出した方法で歩ける脚を取り戻し、再びグラウンドへ戻ろうとしているのです。
仲間のフリ見て我が身で試せを知り、できる範囲で彼を追うことがはじまりました。
習うものは先生だけでなく先達でもあったのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。