リハビリお迎えの声ではじまる病棟の朝

リハビリルームには共にがんばる患者仲間が車椅子・歩行器・杖などでやってくる

生まれて初めての3ヵ月に及ぶ入院と静養を過ごせば知らなかったことに気づくくことがある。

お医者さん、看護師のみなさん、ヘルパーさんやさまざまなスタッフへのみなさんに教えていただいたこと、学んだことを紹介しています。今日は体と健康の回復を担当してくれたリハビリの先生との話です。

整形外科病棟の朝食後はリハビリお迎えの声ではじまる

「おはようございます!リハビリのお迎えに来ましたよ」と病室にリハビリの先生が予定に合わせてお迎えにやってきます。
車椅子で歩行器で杖で徒歩でとそれぞれの状態に応じてリハビリに取り組む私たち患者はこの時間を楽しみに待っています。

動けるようになれば天井を見ているだけでは健康になれない

手術前にはまずはる怪我や病気を治すことに集中しベッドで体を休め体力を蓄えて準備しますが、手術後は天井だけ見て寝ているだけでは体を治すことはできません。理学療法士・作業療法士の先生が計画してくれるリハビリに積極的に取り組む時間がはじまります。

リハビリルームに向かうエレベーターの中では

車椅子を押され、転ばぬようにケアしていただきながらリハビリルームへのエレベーターを待てば同じようにリハビリに取り組む仲間が次々と乗ってきます。
まだ立てないうちは車椅子に乗ることを目標としていましたが、乗れるようになれば自ら車椅子を動かすことに挑戦する、立てるようになれば歩くことを目標に平行棒での歩行訓練に取り組む、そして歩行器・杖などと自立歩行へと目標をあげていくのです。病棟にはそれぞれの状態の仲間がいて共にがんばる仲間となるのです。

おはようの声あふれるリハビリルーム

リハビリルームに到着すれば既に到着している、後からやってくる顔なじみの仲間たちや先生たちとの挨拶がはじまります。
健康に向かって共に努力する仲間たちとまずは朝の挨拶をする。挨拶し挨拶される数ぶん元気をもらいあげてもいるのです。

がんばる仲間と共に、先生と二人三脚で

さあ!負けていられないぞ意気込めば、「今朝も転ばないように少しづつ目標をあげてがんばりましょう」と先生と文字どおり二人三脚の取り組みがはじまるのです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。